地域連携推進機構について

地域連携推進機構について

設立主旨

地域連携推進機構は、地域連携活動および地域課題解決への先導的役割等を果たすとともに、地域社会と連携する中核拠点となるため、2017年4月に設置されました。

地域に信頼され、地域に支えられ、地域の発展を支援するという、横浜国立大学の地域戦略における3つの精神を軸に、本学の研究力や教育力を地域問題解決へ還元し、大学として積極的に地域連携活動を推進していきます。

機構長挨拶

横浜国立大学 地域連携推進機構長 中村 文彦

横浜国立大学では、2017年4月に地域連携推進機構を設置しました。本学は地域連携の推進を重視してきています。本学においてはこれまでも、それぞれの学部や、地域実践教育研究センターが精力的に活動していますが、地域からみたときの窓口をよりわかりやすくすること、また学内においても、活動情報をより効果的に共有していくこと、などの課題があります。

本機構は、これらの課題を解決し、地域との連携をより開放的、実践的に、そして研究面で先進的に、さらには国際的な展開も視野に、推進していきます。ホームページは、その大切なツールとして活用していこうと考えています。

横浜国立大学 地域連携推進機構長 中村 文彦

地域実践教育研究センター 成長戦略教育研究センター

組織図

地域連携推進機構は、地域実践教育研究センター新しいウィンドウが開きます の10年以上に渡る地域実践的な教育・研究事業や2017年度から開始されたネクスト・アーバン・ラボ等で培われた成果や人的ネットワークを活かしながら、学内の各専門分野と地域を繋ぎます。
地域連携推進機構 組織図

◎ヨコハマ・かながわエリアをはじめ、地域の課題に向き合うみなさまへ
私たちと一緒に、地域の新しい価値創造に取り組みませんか? 以下の窓口よりご相談を受け付けております。ぜひご連絡ください。

HOME