Next Urban Lab

Next Urban Lab

ポピュラー文化を活用したまち、地域の2.5 次元化プロジェクト

活動の目的と内容

 本プロジェクトの目的は、2019年度始動した NULの「ポピュラー文化を活用した羽沢横国大駅・大学間通学路の2.5次元化プロジェクト」の継続プロジ ェクトとして、ポピュラー文化を利用し、横国大周辺羽沢地区を中心とする街の歴史を基礎とした地域の文化資源の「ものがたり」を可視化し、コンテンツ化していくことで、地域の魅力を再発見する仕組みや仕掛けを促す活動を行うことである。これまでの活動において、都市科学部都市社会共生学科の学生とともに、 <2019年度>横国大から羽沢横国大駅までの通学路を正しく楽しく歩くよう促す目的で「横国謎解き概論」、<2020年度>新型コロナウィルスの影響で登校できない学生(特に1 年生)にキャンパスや横国周辺地域の飲食店や施設をめぐる「オンラインキャンパスツアー」や「バーチャル謎解きツアー」を、<2021年度>オンデマンド型都市科学部紹介ノベルゲーム 「不思議の横国のネコ」和田町・三ツ沢地区の歴史にちなんだ謎解きゲーム 「謎の男を追え!」、大学内、地域での「ものがたり」による地域魅力再発見方法に関する知見の、一般への普及が期待されるなど、キャラクターとものがたりを創造することで地域の魅力を掘り起こし、愛着をもたらす企画を実践してきた。学生への教育効果も目的の一つにしている。さらに文献調査を行うことで横浜郷土史などの資料から地域資源をデータベース化し、Googleマップにマッピングした。そしてそのデータベースを20221月に立ち上げたホームページで公開した。以上の活動を2022年度も継続し、さらに新型コロナの影響でこれまで実現できなかった羽沢、保土ヶ谷、上星川地区の地元の方への質的調査を行う。また、街の「ものがたり」をどのようなコンテンツとして共有することができるかということも併せて検討を進めていく。

地域課題解決・地域連携推進にどのように貢献するか

 上記の 3年間の活動によって構築したプロダクト、情報、知見、データベ ースを基盤として、本事業では、学生や地域の人々にも興味を抱いてもらえるように地域の文化や歴史とも関連する「ものがたり」を設定し、キャラクターを創造して学生、住民対象の参加型のゲームなどを活用していく。具体的には、大学周辺の広範囲の地区(羽沢、常盤台、上星川)の住民の方に地元の情報をヒアリングし、郷土史などのデータベースも活用して、ポピュラー文化(特にキャラクター)を使用したイベントを企画する。さらに常盤台地区連合町内会の「常盤台地区50周年記念事業」におけるローカルな記憶の活字化、アーカイブ化作業の一部と連携することで、地域への愛着や関わりを地域の人々の間にさらに生み出していく、特に地域の子供達に地域の文化や歴史を継承していくという形で地域活性化の手助けができると思われる。また、公開シンポジウムにより、大学内、地域での「ものがたり」による地域魅力再発見方法に関する知見の普及が期待される。地域の歴史情報をマッピングした「ふるさと絵屏風」づくりにみえる、地域住民と研究者、学生の協働作業事例(神奈川県葉山町など)に関する知見も深めたい。また、地域連携推進の他県の事例を研究するために、岩手県大槌町、石川県湯涌町などとも連携し、情報交換を行い、羽沢、保土ヶ谷、上星川地区に導入可能な知見を得、課題解決へとつなげたい。

メンバー

活動代表者:須川 亜紀子(都市イノベーション研究院)
 分担者等:三浦 倫平(都市イノベーション研究院)
      辻 大和 (都市イノベーション研究院)
学外協力者: 原 智弘 (帝京大学外国語学部)

学外連携先

神奈川県商業流通課、一般社団法人大槌町観光交流協会

その他

ポピュラー文化を活用したまち、地域の2.5 次元化プロジェクト

須川亜紀子研究室HP
http://akikosugawa.2-d.jp/新しいウィンドウが開きます

(担当:地域連携推進機構)

Next Urban Lab

地域連携推進機構
「ネクスト・アーバン・ラボ」ユニット 一覧

HOME