Next Urban Lab

Next Urban Lab

イノベーション創出を目指す学生の地域連携活動のプラットフォーム

活動の目的と内容

 学生によるイノベーション創出を目指し、学生主体となる活動のプラットフォームを提供するイノベーションプラットフォーム(略称:i-Plat)活動を行う。学生は、これまでのi-Plat活動同様、活動主体となるチームを作り、以下のようなチーム毎の活動を行う。

① 学部・学府をまたがる学部生、大学院生による連携を主体として、まずは理工系、都市科学系学生の技術シーズを活かしたYNU-VRマップの作成を目指し、その過程で、地域とのつながりを意識した「地域社会の中での常盤台キャンパス」の存在感について考える場とする。

② ロボコンチームの学生やそれに興味を持つ学生などと協力して、地域とのつながりを深め、そこから生まれるイノベーションに期待して地域のイベントへの積極的参加を促し、自治体や地域の企業との交流を深める活動を行う。特に包括連携協定を締結している横浜市やみなとみらい地区の企業が連携して開催するよこはまガジェットまつりなどのイベントへ参加を促す。

③ 大学院の講義「神奈川県の取り組む技術課題」を通して得た神奈川県の公設試験研究機関との人的つながりを活かして、地域の課題解決に取り組む。具体的には、昨年までの鹿による鳥獣被害の取り組みをより広げる形で、地域課題に興味を持つ学生を主体としたチームを作り、関連する公設試と座談会などを開いて、地域の課題を共有し、それに対して学生が主体的に取り組むようサポートする。

 これらの活動を通して、イノベーション人材の育成につなげると共に、ベンチャー起業やさらなる研究によるイノベーション創出を促し、そこから生まれる価値を地域に還元することで、本学の価値向上を目指す。

地域課題解決・地域連携推進にどのように貢献するか

上記活動内容の①~③において、

①まずは、ツールとしてのYNU-VRマップの作成を目指し、その過程で、様々な問題点を洗い出す。VRマップ作成によって明らかになった課題を解決して、マップ作成の方法を確立し、次年度以降の周辺地域や商店街などへのマップの展開につなげることで、大学にも地域にも多大な貢献が期待できる

②横浜市と地域の企業が共同で主催するイベントや、地元自治体などが主催するイベントに参加、出展することにより、地域の活性化に貢献する。

③地域課題に興味を持つ学生を主体としたチームを作り、自治体(神奈川県)と協力して、関連する公設試と座談会などを開いて、地域の課題を共有し、それに対する学生からの提案により、課題解決の糸口を探すと共に、個別のプロジェクト立ち上げにより、課題解決によりもたらされる地域への利益を検証する。

メンバー

活動代表者:為近 恵美 (地域連携推進機構 成長戦略教育研究センター)
学内分担者:木内 恵子(地域連携推進機構 成長戦略教育研究センター)
      望月 雅之(地域連携推進機構 成長戦略教育研究センター)
      湯沢 雅人 ( 成長戦略教育研究センター 非常勤講師)     
      小清水 実(先端科学高等研究院)
学外協力者:盛一  志仁(SONY株式会社)
      前田 俊太朗 (株式会社HYPER CUBE

(担当:地域連携推進機構)

Next Urban Lab

地域連携推進機構
「ネクスト・アーバン・ラボ」ユニット 一覧

HOME