Next Urban Lab

Next Urban Lab

里地里山×まちづくりラボ

活動の目的と内容

 神奈川県および近隣地域においては、里地里山活動について、人材の課題(高齢化・総数の不足)、価値の共有(文化的価値への認識、当事者性)、インセンティブ(補助金・制度)など様々な課題を抱えている。他方で、地縁を超えた新たなネットワーク、大学教育への好影響、ストレス成分の減少、景観分析、広葉樹の活用など、新たな可能性の萌芽も認められる[i]。また、小池は里地里山活動を類型化し、環境・教育・保健に比し、経済・景観・コミュニティ形成分野、つまり「まちづくり」での活動は少ないとする[ii]。そこで本ユニットでは、後者への里地里山活動の展開と持続可能性の関係に着目し、主に社会科学・人文科学(経済・芸術文化・社会)の領域から、「里地里山が新たなコモンズとして保全や管理の対象を超えて積極的持続的に活用される条件」を探るべく、神奈川県や近隣の先駆的な事例と成立要件の分析、知見の記録化・途上国を含めた県外への発信・当事者同士の学び合い促進を展開したい。

[i]横浜国立大学地域実践教育研究センター(2017)『未来につなぐ神奈川の里山 里地里山の保全効果に関する学際的研究 最終報告書』(神奈川県大学発・政策提案制度採択事業最終報告書)。

[ii] 同上。

地域課題解決・地域連携推進にどのように貢献するか

 本ユニットでは、研究者が一方的に調査をしてそれを報告書としてまとめるのだけではなく、まだ光が十分に当たっていない事例の担い手の経験をライフヒストリーも含めて丁寧にまとめ、必要であれば学術的な知見に接合し、担い手と県内・県外の担い手をつなぐ「地域間連携」の促進というアプローチにより、地域連携推進に貢献したい。担い手の豊かな知見の多くはそれがグラスルーツのものであり十分に文字化されておらず、活動の休止とともにその豊かな記憶が忘却されてしまう。また、活動を担う方々は高齢化もあり日々の保全で手一杯であり、課題認識はあっても学習の機会を自ら作り出すことは難しい。そこで研究者や関心のある大学生が「つなぐ」役割を担うことで、地域連携の推進に寄与できると考える。

メンバー

活動代表者:佐藤 峰 (都市イノベーション研究院)
学内分担者:氏川 恵次 (国際社会科学研究院)
      小林 誉明 (国際社会科学研究院)
      志村 真紀 (地域実践教育研究センター)
      小池 研二 (教育学部)
      原口 健一 (都市イノベーション研究院)
連携研究員:小池 治(横浜国立大学 名誉教授)

関連リンク

「Woodyかながわ~広葉樹の活用による地域活性化と県民の健康増進~」報告書・神奈川の美しい広葉樹林50選ガイドマップの公開

過去の研究成果

神奈川の里地里山 の 未来にむけて 里地里山の保全手法等に関する調査研究 中間報告書(2012年3月発行、3.18MB)
神奈川の里地里山の未来にむけてⅡ 里地里山の保全手法等に関する調査研究最終報告書(2013年3月発行、2.61MB)

未来につなぐ神奈川の里山~里地里山の保全効果に関する学際的研究 中間報告書~(2016年3月発行、2.75MB)
未来につなぐ神奈川の里山~里地里山の保全効果に関する学際的研究 最終報告書~(2017年3月発行、7.21MB)未来につなぐ神奈川の里山~里地里山の保全効果に関する学際的研究 概要版~(2017年3月作成、572KB)「国連生態系回復の10年」里山再生と生態系の回復~ウエルビーイングの観点から~(2022年3月発行 57MB)

(担当:地域連携推進機構)

Next Urban Lab

地域連携推進機構
「ネクスト・アーバン・ラボ」ユニット 一覧

HOME