Next Urban Lab

Next Urban Lab

ヨコハマ型リノベーションの実践

1枚目.JPG

活動の目的と内容

 活動の目的は、本学周辺地域にある団体や不動産オーナーと連携して既存の建物を活用(以下、リノベーション)し、その地域の価値を上げることである。また、この実践的な教育研究活動を通じ、地域課題を発見・解決できる人材を育成するとともに、転換期にある建築関係の産業のあり方に関する学術的な知見を蓄積する。建物が余っている時代に、既にある建物を使い続ける方法論の確立が求められている。そのためには、建物そのものの改修技術だけでなく、建物が立地する地域の価値を上げ、人を呼び込む魅力的な地域にする必要がある。そこで、本ユニットでは、本学周辺の施設を対象とし、教育活動として学生とともにその地域の価値を上げるような企画を提案、実施する。具体的には、横浜市西区東ヶ丘にある地域拠点「casaco」を対象に、それらの運営者と共に学生の提案の実践を目指す計画である。また、実践の過程では、研究活動としてその企画の効果を評価し、新たな学術的な知見を得ることを目標とする。

地域課題解決・地域連携推進にどのように貢献するか

 本ユニットの総括責任者(江口)はこれまでリノベーションなどの既存建築ストックの研究に従事しており、学術的な知見を有するとともに、先進的な民間事業者とともに地域の価値を上げる活動を継続している。また、学内の分担者(大原)は施設計画の専門家であり、住民と共に行う地域活動についての豊富な経験がある。

 casacoは、本学の卒業生でもある学外協力者(加藤)などが中心となって運営している。これまでのNULでは、学生の設計に基づいた断熱改修モデルを検証するための地域住民向けのWSを開催したり、季節ごとのイベントを企画・運営したり、casacoの空間を活用したインスタレーションを行うなど、様々な実践活動を行い、casacoという場の可能性を顕在化してきた。また、地域課題実習のプロジェクトとしても、学生が継続的に地域活動に関わっている。加えて、都市科学部建築学科に所属する学生が多く活動に参加しており、大学で得た知識を元に実践の場で試行錯誤をする、非常によい機会となっている。

 このような活動により、次のような貢献ができると考えている。
・これからの住宅地運営や住まい方に関する仮説立案を行う。同時に、定点観測を通じて仮説の検証をし、地域課題を解決するモデルを創出する。
・学生が地域住民の交流を促進するための活動などを企画・運営することで、様々な関係者のコミュニティ活動が深まる。

2枚目.jpg

メンバー

活動代表者:江口 亨 新しいウィンドウが開きます (都市イノベーション研究院)
 分担者等:大原一興 新しいウィンドウが開きます (都市イノベーション研究院)
学外協力者:加藤功甫  (Connection of the Children)

(担当:地域連携推進機構)

Next Urban Lab

地域連携推進機構
「ネクスト・アーバン・ラボ」ユニット 一覧

HOME