Next Urban Lab

Next Urban Lab

みうらからはじめる研究会

活動の目的と内容

 都市イノベーション研究院に所属する3つの研究室が合同で、横須賀三浦地域を対象とする地域連携事業を継続して行っている。具体的には、その活動は2016年度に神奈川県の事業「個性あふれる地域づくり事業」に応募・採択されたのをきっかけとし、谷戸地域の再生・エコミュージアム活動の連携・歴史的建造物の保存修復活用の3つの関連し合う活動を行ってきた。2018年度には「横須賀市立万代会館 今後の保存活用に向けた提言2018~北下浦地区の歴史と文化の継承を通した地域活性化をめざして~」のとりまとめに貢献するなど、成果をあげてきた。本年度も、建築史、建築計画、都市計画の多角的アプローチでさらに継続して活動する。

地域課題解決・地域連携推進にどのように貢献するか

 都市イノベーション研究院に所属する3つの研究室が合同で、横須賀三浦地域を対象とする地域連携活動を継続して行うことで、地域課題解決に貢献する。これまでの成果としては、先にあげた2018年度の提言書のほか、エコミュージアム・谷戸再生などにかかわる卒論・修論・博士論文などに成果をあげ公表してきた。202021年度には代表の高見沢は横須賀市総合計画の策定に関わり座長として『YOKOSUKAビジョン2030』を市長に答申した。(https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0830/upi/jikisougoukeikaku/soukeishin/toushin.html)

 人口の社会減少に悩まされてきた三浦地域であるが、新型コロナの影響で東京からの若年層の転入希望が増加している。日頃の教育研究成果や実践的なかかわりは、横須賀市をはじめとする三浦地域の地域課題に貢献している。こうした地道な活動は、今後の協定締結の際にも本学と地域を結び付ける力になるなど、本学の価値向上にも貢献するものと考えられる。 

メンバー

活動代表者:高見沢 実新しいウィンドウが開きます (都市イノベーション研究院)
 分担者等:大原 一興 新しいウィンドウが開きます (都市イノベーション研究院)
      大野  敏 新しいウィンドウが開きます (都市イノベーション研究院)

学外連携先

神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター
横須賀市役所
万代会館保存活用推進協議会
三浦半島まるごと博物館連絡会
おおくすエコミュージアムの会

その他

研究会facebook https://www.facebook.com/miuraht/新しいウィンドウが開きます

(担当:地域連携推進機構)

Next Urban Lab

地域連携推進機構
「ネクスト・アーバン・ラボ」ユニット 一覧

HOME